エアコン取り付けを引っ越し業者に依頼する

引っ越しをする際、これまで生活していた部屋のエアコンを次の部屋で使用することがあります。しかし、エアコンの取り外しや取り付けは自分で出来ませんので、専門の業者に依頼する必要がありますが、引っ越しの準備は非常に忙しいものなので業者に依頼することは面倒でしょう。そういった場合は引っ越し業者にエアコンの取り外しを依頼してください。引っ越し業者がエアコンに関する専門的な知識がある場合もありますが、多くの引っ越し業者では専門業者に委託しているので安心して任せられるのです。そして、これによって窓口がひとつになりますので、やり取りの手間も無いというメリットもあります。こちらでは引っ越し業者と専門業者の比較をしてみました。引っ越しの前に確認をしましょう。

エアコンの取り外しは難しい

業者テレビや電子レンジなどの家電製品は誰でも設置が簡単に出来ますが、エアコンは特殊な家電製品ですので取り外しが困難です。さらに、エアコン取り付けも難しいもの。一般の方が無理をして取り外してしまうとエアコンがガス漏れを起こしてしまい、その後の仕様が出来なくなることもあるのです。そのため、専門的な知識を持つ業者が欠かせません。

しかし、引っ越し業者によってはエアコンの取り外しに対応していることもあるので、引っ越し業者に任せた方が手軽なこともあるのです。特に遠方へ引っ越す場合はエアコンの取り外しと取り付けを別の業者に依頼する必要があり、日程の調整などの手間もありました。しかし、引っ越し業者に一括でエアコンの依頼をすることで、そういった手間も省けるのです。専門業者を探す必要もありません。

引っ越し業者の相場について

エアコンの取り外しや取り付けを引っ越し業者に依頼することで、さまざまな手間を省くことが出来ます。近年はエアコンにも対応した引っ越し業者も多いので、気軽に依頼が出来るようになりました。しかし、引っ越し業者にエアコンを依頼した際の費用が気になってしまうものです。

何よりも確実なことは見積りを出してもらうことですが、一般的にエアコンの着脱費用は1万5000円から2万円となっています。これはあくまで1台あたりの費用ですので、複数のエアコンを依頼する際は注意しましょう。

そして、引越し先でエアコン取り付けをしますが、配管パイプの長さや化粧カバーの有無によって取り付け費用が変化します。パイプの延長が必要な場合、1メートルあたり2000円から3000円かかるので確認してください。

専門業者に依頼した場合

エアコンの取り外しや取り付けを専門業者に依頼することも可能ですが、そういった場合の費用はどうなっているのでしょうか。一般的に専門業者に依頼した方がリーズナブルになるのですが、窓口が増えるので連絡の手間が増えてしまいます。余裕があれば問題ありませんが引っ越しはどうしてもバタバタしてしまうので、それを避けたいのであれば引っ越し業者をおすすめします。

また、専門業者はホームページに費用を掲載していますが、これはあくまで基本料金です。場合によってはパイプの延長や化粧カバーの取り付けもありますので、追加料金が発生する場合もあります。さらに、エレベーターが無いアパートの場合は追加料金を取られることもあるので注意しましょう。

まとめ

引っ越し先で元々使っていたエアコンをもう一度使うことがありますが、そういった場合はエアコンの着脱を引っ越し業者に依頼することが出来ます。引っ越しの時期はバタバタしてしまい、別の専門業者に依頼をすると連絡の手間がありますが、引っ越し業者であれば窓口がひとつなので手間がありません。また、エアコン取り付けの際はパイプの延長や化粧カバーの取り付けなどをする場合、追加費用がかかるので注意しましょう。


関連記事

  1. エアコン取り付けの立ち会いで気をつけるべき点
  2. 賃貸物件のエアコン取り付けの注意点
  3. エアコン取り付けの手順を知って自分でもやってみよう

エアコン取り付けの手順を知って自分でもやってみよう

エアコン取り付けには専門の知識や技術が必要となります。しかしながら自分でエアコンを取り付けることも不可能ではありません。そこでエアコンを取り付ける際の手順についてご紹介します。どのような道具が必要なのかについても解説しますので、興味のある方は自分でエアコンの取り付けを行ってみるのも良いでしょう。

事前に準備すべき道具

電動ドリルエアコンの取り付けには様々な専用の器具が必要となります。トルクレンチや電動ドリル、エアコンダクトカッター、パイプカッターなど通常普通の家庭にはないような器具が必要となるのです。自宅用のエアコンをただ取り付けるだけに全てを購入するのはあまりにも非現実的です。しかしながらこうした専用の機械はレンタルをすることもできます。レンタルをすればそのぶん費用を安く抑えることができますのでぜひ積極的に活用していきましょう。

また他の工事にも応用できるような道具もたくさん使います。ドライバーやモンキーレンチ、パイプベンダーなど他の工事にも使うことのできるような比較的小さな道具に関しては購入しても良いでしょう。特に中古のものを選べば非常に安く購入することができます。また標準的な工事に必要なものとしてどれんホースや貫通スリーブ、ボードアンカーなど購入しなければならない器具もたくさんあります。ネット通販で簡単に集めることができますので、こうした道具も忘れずに用意しましょう

どのようにエアコンを取り付けるのか

エアコンを取り付ける際の手順としてはまず壁に穴を開けなければなりません。その穴を使って配管パイプを通すのです。コアドリルという道具を使って家の壁に穴を開けることになりますが、一度穴を開けてしまうと失敗した場合取り返しがつきませんので慎重に行いましょう。次にエアコンの据え付け板を取り付けます。これはエアコンを壁に固定するために必要な板のことです。この下準備ができたらいよいよエアコンの室内機を取り付けて行くことになります。しかし高所での作業となるためエアコンを落としたりすることがないよう十分に注意しましょう。そしてその後配管パイプを切断してフレア加工を行って行きます。この加工によって配管パイプの正しい接続を行うことができます。

その後、冷媒配管をトルクレンチで接続し、それが終わればドレンホースを接続します。このように配管の接続が続きますので、それぞれの働きをよく理解した上で工事をすることができれば、手際よく行うことができるでしょう。ここまで終わればいよいよ室外機側へと配管を接続していく作業となります。ここまで来たら忘れてはいけないのが真空ポンプでエアパージをすることです。この作業を行うことによって室外機の内部と配管を乾燥させて状態にすることができます。問題なく接続できたことが確認できたら、配管を通した穴にパテ埋めをしていきます。ここまで来れば試し運転をしてみて問題なく冷えてくればエアコンの取り付けは成功しています。

このように必要な道具や手順を理解すれば、自分自身でもエアコンの取り付けは可能です。しかしながら標準工事以外のオプション工事と呼ばれるような内容が変わってくるとこれ以外にも様々な技術や道具が必要となります。実際のところ取り付け業者に依頼するのと自分自身で工事をするのとではそれほど工事費用には変わりませんし、むしろ自分で道具を用意する方が高くつくことの方が多くあるでしょう。購入の際には信頼のできる取り付け業者に設置工事を依頼する方が確実で安く済むかもしれません。しかしどのような手順でエアコンの取り付けが行われるのかを知っておくと、見積もりの際にもスムーズに話ができるでしょう。


関連記事

  1. エアコン取り付けの立ち会いで気をつけるべき点
  2. 賃貸物件のエアコン取り付けの注意点
  3. エアコン取り付けを引っ越し業者に依頼する

賃貸物件のエアコン取り付けの注意点

現在、賃貸物件で生活をしていてエアコン取り付けをしたいという方がいるかもしれません。多くの賃貸物件にはすでにエアコンが取り付けられていることが多いのですが、古い物件の中にはエアコンがついていないというケースもあります。あるいは、元から部屋にあったエアコンが故障してしまったため、新しいエアコンを取り付けたいという方もいるでしょう。この場合、どのような点に注意をするべきなのか知りたいという方は多いでしょう。

こちらではこれから賃貸物件にエアコンを新しく取り付ける際の注意点について解説します。どのような点に気をつけたほうが良いのか教えましょう。自分の家に設置するのとは異なる注意点が存在しているのです。

賃貸物件にエアコンを取り付けられるのか?

マンションそもそも賃貸物件にエアコンを取り付けることはできるのでしょうか。まず、エアコンを取り付けるためには部屋の壁に穴をあける必要があります。エアコンがない物件の場合は、エアコン用の穴はあいていないことがあります。そのため、エアコンを設置するためには、穴をあけることの許可を得なければいけません。物件を傷つけることになるため、大家に内緒で工事をしてはいけません。必ず確認をとりましょう。

賃貸物件のエアコンの取り付けについてはすべてが大家次第といえるでしょう。大家が納得してくれたならばエアコンを設置することができます。場合によっては工事費用まで大家が負担してくれることもあります。エアコンは物件の価値を高めることになるため、必要な工事であると判断してくれる可能性があるからです。ただし、取り付けは一切できないという物件もあります。壁に傷をつけることを大家が嫌がるケースがあるからです。

退去時の修繕費用に注意

賃貸物件を利用する際には、そこを退去するときには原状回復をしなければいけません。これはその物件を元の状態に復元してから返すということです。その際にはエアコンを設置するためにあけた穴を修繕しなければいけないケースがあります。退去時に思わぬ形で修繕費用が発生してしまうことがあるのです。賃貸でエアコンを取り付ける際には、退去時に修繕が必要となるのかどうかきちんと確認しておきましょう

修繕費用にエアコン取り付けの穴が含まれていないこともあります。これについては、そもそも賃貸物件の契約をする際に確認しておくべきことでしょう。

エアコンを設置できない物件に注意する

たとえば室外機を置くスペースがない物件があります。エアコンは室外機がなければ使うことができません。このような物件ではエアコンを設置することができなくなってしまうでしょう。また、近くにエアコン用の電源がないというケースもあります。最近は窓に設置できるエアコンも登場しているのですが、こちらは窓の可動域が狭まってしまい、防犯面でもリスクがあるため、大家が許さない可能性があります。どうしてもエアコンの設置を許してくれない大家や設置ができない物件があることは覚えておきましょう。

取り付けたエアコンは退去するときにどうなるのか

もし賃貸物件にエアコンを取り付けてから退去する場合、そのエアコンはどうなるのでしょうか。この場合、もしそのエアコンがまだ新しくて使える状態ならば、そのまま撤去しなくても良いと考える方がいるかもしれません。しかし、実際にはたとえ新しいエアコンであっても撤去することを求められるケースがあります。その理由としては、そのエアコンがまだ使えるのか確認するために時間がかかるという点です。また、次の入居者がエアコンを望まない可能性もあります。そのエアコンが壊れてしまうと修理費用について誰が負担するのかトラブルにもなるでしょう。

賃貸物件にエアコンを設置するならば、退去時には撤去しなければいけない可能性があることを知っておきましょう。


関連記事

  1. エアコン取り付けの立ち会いで気をつけるべき点
  2. エアコン取り付けの手順を知って自分でもやってみよう
  3. エアコン取り付けを引っ越し業者に依頼する

エアコン取り付けの立ち会いで気をつけるべき点

エアコン取り付けは業者に工事を任せることになるのですが、その際には基本的に立ち会いをすることになります。しかし、立ち会いをするといっても、素人では工事のどの部分をチェックすれば良いのか分からないのが普通です。工事の際にはひょっとしたら手抜きをされてしまったり、本来必要な工程が抜けていたりするケースもあります。そのような点をきちんとチェックしておかなければ、トラブルの原因となってしまうでしょう。そのため、立ち会いはただ漠然と見ているだけではなくて、チェックするべき点はきちんと注目しておくべきです。

それではこちらではエアコン取り付けをしてもらう際に、どのような点に注目をするべき7日を教えましょう。トラブルを避けるための立ち会いのポイントを紹介します。

真空引きに注目

エアコン取り付けの工事では真空引きという工程が重要となります。これは室内機と室外機を接続している冷媒配管の中を真空にするというものです。真空にすることができれば、エアコンを使用する際には室外機の中にある冷媒ガスが循環するようになるのです。もし冷媒配管の中に不純物が含まれていると、それがエアコンの配管を傷つけてしまったり、故障の原因となってしまったりするのです。

普通に設置をするだけでは配管の中には空気が入り込んでしまいます。そこで真空にするための方法として真空引きという方法が必要となるのです。真空引きというのは真空ポンプというものを用いて真空にするというものです。立ち会う際には真空引きについてきちんと確認をしておいて、工事の際には真空引きをしていることをきちんとチェックしておきましょう。これをしていない場合にはきちんと指摘しましょう。業者が手抜き工事をしている可能性が高いです。

配管パイプの締め付け

パイプエアコン取り付けでは配管パイプをきちんとソケットによって締め付けることになります。このときに、これがもしゆるくなっていると、それによって冷媒ガスが漏れてしまうことがあります。こうなるとエアコンを効率よく活用することができなくなるため注意しましょう。しっかりと配管パイプのソケットを締め付けていることをチェックしておきましょう。立ち会いの際に確認しておくべきことです。

説明をしてもらう

実際に工事をするまえにどのような工程で工事を進めるのか説明してもらいましょう。そうすれば真空引きについてもきちんと理解しているかどうかを判断できます。業者の中にはほとんど経験のない素人にやらせているようなケースもあるのです。きちんと専門的な説明をさせることによって、工事の内容について理解しているかどうかを確認できます。

また、少しでも不明な点があるならば、きちんと説明を求めるべきでしょう。素人にも分かりやすく丁寧に説明してくれるような業者ならば、誠実な対応をしていると判断できます。そのような業者であれば信頼できるでしょう。

自分でもエアコン取り付けについて基本的な事項は勉強しておくべきです。一通りどのような工程が必要となるのかを確認しておきましょう。また、エアコンの仕組みや工事の概要についても理解しておきましょう。そうすれば、立ち会いの際に業者がおかしなことをすればすぐにそれを指摘することができます。

エアコン取り付けを業者に頼む際にはさまざまな不安があるでしょう。いざ立ち会うとなっても自分がきちんと問題点を発見できるのか不安になってしまうものです。そのような方は上記の情報を参考にしてください。そうすればきちんと問題を発見することができるでしょう。もちろん、基本的に殆どの業者はきちんとした工事をしてくれます。それでも万が一のミスを防ぐためには、しっかりと業者の工事を見張っておくことが重要です。


関連記事

  1. 賃貸物件のエアコン取り付けの注意点
  2. エアコン取り付けの手順を知って自分でもやってみよう
  3. エアコン取り付けを引っ越し業者に依頼する