賃貸物件のエアコン取り付けの注意点

現在、賃貸物件で生活をしていてエアコン取り付けをしたいという方がいるかもしれません。多くの賃貸物件にはすでにエアコンが取り付けられていることが多いのですが、古い物件の中にはエアコンがついていないというケースもあります。あるいは、元から部屋にあったエアコンが故障してしまったため、新しいエアコンを取り付けたいという方もいるでしょう。この場合、どのような点に注意をするべきなのか知りたいという方は多いでしょう。

こちらではこれから賃貸物件にエアコンを新しく取り付ける際の注意点について解説します。どのような点に気をつけたほうが良いのか教えましょう。自分の家に設置するのとは異なる注意点が存在しているのです。

賃貸物件にエアコンを取り付けられるのか?

マンションそもそも賃貸物件にエアコンを取り付けることはできるのでしょうか。まず、エアコンを取り付けるためには部屋の壁に穴をあける必要があります。エアコンがない物件の場合は、エアコン用の穴はあいていないことがあります。そのため、エアコンを設置するためには、穴をあけることの許可を得なければいけません。物件を傷つけることになるため、大家に内緒で工事をしてはいけません。必ず確認をとりましょう。

賃貸物件のエアコンの取り付けについてはすべてが大家次第といえるでしょう。大家が納得してくれたならばエアコンを設置することができます。場合によっては工事費用まで大家が負担してくれることもあります。エアコンは物件の価値を高めることになるため、必要な工事であると判断してくれる可能性があるからです。ただし、取り付けは一切できないという物件もあります。壁に傷をつけることを大家が嫌がるケースがあるからです。

退去時の修繕費用に注意

賃貸物件を利用する際には、そこを退去するときには原状回復をしなければいけません。これはその物件を元の状態に復元してから返すということです。その際にはエアコンを設置するためにあけた穴を修繕しなければいけないケースがあります。退去時に思わぬ形で修繕費用が発生してしまうことがあるのです。賃貸でエアコンを取り付ける際には、退去時に修繕が必要となるのかどうかきちんと確認しておきましょう

修繕費用にエアコン取り付けの穴が含まれていないこともあります。これについては、そもそも賃貸物件の契約をする際に確認しておくべきことでしょう。

エアコンを設置できない物件に注意する

たとえば室外機を置くスペースがない物件があります。エアコンは室外機がなければ使うことができません。このような物件ではエアコンを設置することができなくなってしまうでしょう。また、近くにエアコン用の電源がないというケースもあります。最近は窓に設置できるエアコンも登場しているのですが、こちらは窓の可動域が狭まってしまい、防犯面でもリスクがあるため、大家が許さない可能性があります。どうしてもエアコンの設置を許してくれない大家や設置ができない物件があることは覚えておきましょう。

取り付けたエアコンは退去するときにどうなるのか

もし賃貸物件にエアコンを取り付けてから退去する場合、そのエアコンはどうなるのでしょうか。この場合、もしそのエアコンがまだ新しくて使える状態ならば、そのまま撤去しなくても良いと考える方がいるかもしれません。しかし、実際にはたとえ新しいエアコンであっても撤去することを求められるケースがあります。その理由としては、そのエアコンがまだ使えるのか確認するために時間がかかるという点です。また、次の入居者がエアコンを望まない可能性もあります。そのエアコンが壊れてしまうと修理費用について誰が負担するのかトラブルにもなるでしょう。

賃貸物件にエアコンを設置するならば、退去時には撤去しなければいけない可能性があることを知っておきましょう。


関連記事

  1. エアコン取り付けの立ち会いで気をつけるべき点
  2. エアコン取り付けの手順を知って自分でもやってみよう
  3. エアコン取り付けを引っ越し業者に依頼する