エアコン取り付けの手順を知って自分でもやってみよう

エアコン取り付けには専門の知識や技術が必要となります。しかしながら自分でエアコンを取り付けることも不可能ではありません。そこでエアコンを取り付ける際の手順についてご紹介します。どのような道具が必要なのかについても解説しますので、興味のある方は自分でエアコンの取り付けを行ってみるのも良いでしょう。

事前に準備すべき道具

電動ドリルエアコンの取り付けには様々な専用の器具が必要となります。トルクレンチや電動ドリル、エアコンダクトカッター、パイプカッターなど通常普通の家庭にはないような器具が必要となるのです。自宅用のエアコンをただ取り付けるだけに全てを購入するのはあまりにも非現実的です。しかしながらこうした専用の機械はレンタルをすることもできます。レンタルをすればそのぶん費用を安く抑えることができますのでぜひ積極的に活用していきましょう。

また他の工事にも応用できるような道具もたくさん使います。ドライバーやモンキーレンチ、パイプベンダーなど他の工事にも使うことのできるような比較的小さな道具に関しては購入しても良いでしょう。特に中古のものを選べば非常に安く購入することができます。また標準的な工事に必要なものとしてどれんホースや貫通スリーブ、ボードアンカーなど購入しなければならない器具もたくさんあります。ネット通販で簡単に集めることができますので、こうした道具も忘れずに用意しましょう

どのようにエアコンを取り付けるのか

エアコンを取り付ける際の手順としてはまず壁に穴を開けなければなりません。その穴を使って配管パイプを通すのです。コアドリルという道具を使って家の壁に穴を開けることになりますが、一度穴を開けてしまうと失敗した場合取り返しがつきませんので慎重に行いましょう。次にエアコンの据え付け板を取り付けます。これはエアコンを壁に固定するために必要な板のことです。この下準備ができたらいよいよエアコンの室内機を取り付けて行くことになります。しかし高所での作業となるためエアコンを落としたりすることがないよう十分に注意しましょう。そしてその後配管パイプを切断してフレア加工を行って行きます。この加工によって配管パイプの正しい接続を行うことができます。

その後、冷媒配管をトルクレンチで接続し、それが終わればドレンホースを接続します。このように配管の接続が続きますので、それぞれの働きをよく理解した上で工事をすることができれば、手際よく行うことができるでしょう。ここまで終わればいよいよ室外機側へと配管を接続していく作業となります。ここまで来たら忘れてはいけないのが真空ポンプでエアパージをすることです。この作業を行うことによって室外機の内部と配管を乾燥させて状態にすることができます。問題なく接続できたことが確認できたら、配管を通した穴にパテ埋めをしていきます。ここまで来れば試し運転をしてみて問題なく冷えてくればエアコンの取り付けは成功しています。

このように必要な道具や手順を理解すれば、自分自身でもエアコンの取り付けは可能です。しかしながら標準工事以外のオプション工事と呼ばれるような内容が変わってくるとこれ以外にも様々な技術や道具が必要となります。実際のところ取り付け業者に依頼するのと自分自身で工事をするのとではそれほど工事費用には変わりませんし、むしろ自分で道具を用意する方が高くつくことの方が多くあるでしょう。購入の際には信頼のできる取り付け業者に設置工事を依頼する方が確実で安く済むかもしれません。しかしどのような手順でエアコンの取り付けが行われるのかを知っておくと、見積もりの際にもスムーズに話ができるでしょう。


関連記事

  1. エアコン取り付けの立ち会いで気をつけるべき点
  2. 賃貸物件のエアコン取り付けの注意点
  3. エアコン取り付けを引っ越し業者に依頼する